輝虎の日記

<< 逆襲 | main | 執念の逆転勝ち >>
もったいない引き分け
阪神3−3中日         30日       甲子園     ◇3勝11敗1分
(12回規定により引き分け)

<バッテリー>下柳・藤川・H安藤・Hウィリアムス・Hダーウィン・吉野−矢野

8回矢野さんのタイムリーで勝ち越し、今日も勝てると思ったけれど…
まさか9回2死で藤川投手が打たれてしまうとは悲しい(今季初被弾)
でも彼を責めることはできません。
藤川投手にすべて負担がかかっている感じ。
負けていた試合を追いつき、勝ち越したのにもったいない。
ただあともう1点とっていれば…

安藤投手もまた先発から後ろに回されて、投げるポジションが何度も変わるのは
チーム事情とはいえ選手にとってもあまりよくないのでは。
これも久保田投手が腰痛で再度登録抹消されたせいでもあるんでしょうね。
骨折が治ってすぐ一軍にあげたのもいけなかったんじゃないのかなあ。


野球矢野さん 本日の結果(7番)
5打数    1安打    1四球     打点1(57)      通算打率.260(29位)

◎100本塁打まであと本!

ダイヤ通算成績:61勝52敗4分(2位)
| Auther : kitora | 阪神タイガース | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

↑ pagetop

comment コメント
comment コメントする









↑ pagetop

trackbackurl この記事のトラックバックURL
http://kitora.tblog.jp/trackback/106422
trackback トラックバック

↑ pagetop

sun mon tue wed thu fri sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>